テーマ移行中につき、表示の乱れている箇所があります。

【NFT】自立分散型人間”いただきますマン”がDAOの次にバズりそうだお

最近NFTでおじさんの顔写真が取引されてるってほんと…?!

うん、ほんとだよ

どのくらいで売れるの?

日本円換算で一枚数千円程度で取引されていて、総取引量は600万円ぐらいまで膨れ上がってるよ!

ええ!!!

今回はバズワードになっているNFTの中でもかなりニッチな分野、NFTのミームについてご紹介していきます。

この記事を読むとこんなことが分かります
  • おじさんの顔写真は売れる
  • 自立分散型人間とは何か
  • 次に売れるのは君の顔写真かも

「NFTってそもそも何?」
という方はまずはNFTの始め方を分かりやすく完全解説!をご覧ください。

目次

NFTで流行る「ミーム」の文化(h2)

アイドルの写真が売れるならともかく、なぜおじさんの顔写真が飛ぶように売れるのか?

この背景を理解するには、まずNFTのミームについて理解する必要があります。

ミームとは仮想通貨界隈、もっと広くとればクリプト界隈に根付く文化のことです。

ここでは、おじさんの顔が売れるに至った経緯を時系列で紹介していきます。

・マレーシアの青年の自撮りがバズった(h3)

「ゴザリ現象」と呼ばれ、NFT界隈でバズったのは青年の自撮り写真でした。

一躍注目を浴びたのは、マレーシアの大学生スルタン・グスタフ・ゴザリ氏。

18歳から22歳までの5年間、ほぼ毎日パソコンの前で自撮り写真を撮り続けたという

・界隈のおじさんがこぞって出品(h3)

この「ゴザリ現象」をきっかけに同じムーブメントを日本でも起こせるのではないか、と考えたのが日本のNFTインフルエンサーPajiさんとかねりんさん。

彼らはYouTubeで毎日昼食を紹介するチャンネルに目をつけ、NFT出品を持ちかけます。

作品はYouTubeのサムネイルを使用。

そして企画はスペースを通して、立案・実行され、NFTの発行を開始すると瞬く間に売れ始め、寝る間も惜しんで徹夜と夜通し作業し、

自立分散型人間、爆誕…!(h2)

Web3を体現する最強の生命体、自立分散型人間“いただきますマン”…!

そして満を辞して、登場したのが「いただきますマン」だ。

このおじさん、何がすごいってまったく見られてないのに1年間ずっとYouTubeに昼ごはんをアップし続けていた。

この狂気こそ、NFTのミームに愛される素質。

そして発足したのが、「いただきますマンDAO」。いただきますマンのNFTの一時流通で購入した人に配布されたトークンが投票権となって、いただきますマンの明日の昼ごはんを投票で決めているのだ。

この運営の仕組みはまさにDAOそのもの。

人間の行動をDAO化してしまう取り組みだったのだ。

これをかねりんさんは「自立分散型人間」と名付けました。

今日も個人の意思を持たず、ガバナンストークンによる投票で決められた昼食をいただきますマンは食べる…。

NFTの始め方(h2)

次に売れるのは君の顔写真かもしれません。
我こそは、という方はぜひNFTを出品してみましょう。

NFTを始める手順は具体的には下記の通り。

  1.  暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. Openseaでアカウントを作成する
  4. MetaMaskにコインを送金する
  5. NFTを出品する

詳しくはNFTの始め方を分かりやすく完全解説!をご覧ください。

https://nft-encyclopedia.site/nft

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる