テーマ移行中につき、表示の乱れている箇所があります。

【超簡単】NFTアートの購入方法を5ステップで解説

NFT、始めてみたいけど何から手をつければいいのか分からない…

今回はこのような悩みに答えていきます。

いきなり結論。

まずはNFTを購入してみましょう。

習うより慣れろという言葉もありますが、自分が実際にその環境に身を置くことで情報感度が飛躍的に高まるのでオススメです。

具体的な購入方法は下記の通り。

  1.  暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. Openseaでアカウントを作成する
  4. MetaMaskにコインを送金する
  5. NFTを購入する

上記1〜4を経て、NFTアートを購入することができます。
準備ができている方は目次から5に飛んで、さっそく気になる作品を購入してみましょう。

一見、難しそうに思われるかもしれませんが、やってみると意外と大したことはありません。
最低限勉強すべきことはこのブログで全て網羅していますので、まずは一歩を踏み出してみましょう。

以下、順番に解説していきます。

目次

1. 暗号資産取引所で口座開設する

NFTの売買には仮想通貨を決済手段に用います。
この仮想通貨を用意するためには暗号資産取引所で口座開設する必要があります。

国内取引所だったらオススメはコインチェック。
日本国内では圧倒的シェアを誇る取引所です。

口座開設の詳しい手順については【完全無料】コインチェックで口座開設する方法【5ステップで解説】で解説しています。

https://nft-encyclopedia.site/coincheck/

でも、コインチェックって手数料高いんじゃなかったけ…

英語に自信のある、そんなあなたは海外取引所のバイナンスを利用するのがオススメ。
ちなみに僕はコインチェックとバイナンスの二刀流で使っているので、国内取引所と海外取引所をそれぞれ一つずつ作っておくのもオススメです。

バイナンスの口座開設の手順は【完全無料】安心安全なバイナンスの口座開設の方法【登録・本人確認のやり方を画像付きで解説】で詳しく解説しています。

https://nft-encyclopedia.site/binance/

2. MetaMaskでウォレットを作成する

メタマスクとは、簡単に行ってしまえば仮想通貨のお財布です。

Google Chromeの拡張機能の一つで、簡単にインストールできること、利用者が多いことなどから初心者にもオススメのウォレットになります。

※インストールする際は下記リンクからだと安全です。
https://metamask.io

世の中には偽物や詐欺目的で作られたウォレットも存在し、そういったものをインストールするとお金を抜き取られてしまうので注意が必要です。

なお、詳しいことは【NFT】メタマスクの設定方法を画像付きで解説!【送金方法も合わせて解説】にまとまってますので、インストールされる方は合わせてご覧になると、安心して設定を進められると思います。

https://nft-encyclopedia.site/metamask/

3. Openseaでアカウントを作成する

Open Seaとは、世界最大のNFTマーケットです。
ここではNFTアートを始め、音楽、3Dアバターなど様々なものを売買することができます。

Open Seaでの売買は仮想通貨を決済手段として用いているため、まず始めに口座の開設、メタマスクの設定をする必要があったという訳です。

他にもNFTマーケットは多数存在しますが、

  • 利用者の多さ
  • 手数料の安さ

という観点から初心者の方にはOpen Seaをオススメしています。

具体的な手順は【NFT】OpenSeaの登録方法【詐欺に注意】にまとまっているので、Open Seaを始める方はあわせてご覧になると、安心してアカウント作成を進められると思います。

https://nft-encyclopedia.site/opensea/

4. MetaMaskにコインを送金する

NFTの売買の際はメタマスクから入金・出金を行うので仮想通貨をウォレットに入れておく必要があります。
そのため、口座開設したコインチェックの販売所でETH(イーサリアム)という仮想通貨を購入し、インストールしたメタマスクに送金しましょう。

コインチェックやバイナンスといった取引所は仮想通貨を買うところ、メタマスクは仮想通貨の財布という認識で捉えておけば大丈夫です。

詳しい手順は【NFT】メタマスクに送金する方法【イーサリアムの購入方法も合わせて解説】にまとまっているので、合わせてご覧になりながら作業していただくと安心です。

https://nft-encyclopedia.site/metamask-transfer/

5. NFTを購入する

好きなアーティストを見つけて、まずは一つ作品を購入してみましょう。

気になる作品を探すのにオススメなのはTwitterです。
Twitterでフォロワー数が多い人を10人くらいフォローして2、3日タイムラインを漁っていると、好みの絵が見つかると思います。

トップクリエイターの方の作品は、始めたばかりの人が手を出せる価格ではないので0.001~0.05ETHくらいのものがお手頃だと思います。
もし僕のオススメが知りたい!という方がいたら、Twitterの方でDMくれれば知り合いの方を何人か紹介してマッチングするのでぜひご連絡ください。

購入の際の画面操作や決済の際の注意点などは【初めてでも失敗しない】Open SeaでのNFT購入方法で解説しているので、初めての購入で不安な方はどうぞ。

https://nft-encyclopedia.site/opensea-buy/

NFTアートの購入方法まとめ

それではまとめです。

  1.  暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. Openseaでアカウントを作成する
  4. MetaMaskにコインを送金する
  5. NFTを出品する

上記の5つの手順で完全初心者の方でも、NFT出品まで辿り着くことができます。

手続きの中には送金ミスなどでお金を紛失する恐れも確かにあります。
しかし、この記事を見ながら、各種設定を行ってもらえば仮想通貨を手続きの途中で失うこともありません。

また、当ブログから口座を開設して下さった方は出来る限りサポートするつもりです。
NFTの各種取引でもしわからない箇所がありましたら、Twitterの方にDM送っていただければ対応しますのでよかったらご連絡ください。

>>トップページに戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる