【9/30まで】1500円分のビットコインをもらう方法 今すぐチェック

【初めてでも失敗しない】Open SeaでのNFT購入方法

NFTアートをOpen Seaで買いたい!

今回はこのような悩みに答えます。

Twitterで最近、よく見聞きするNFT。

「自分はイラスト描けないから、購入してみたい…」

「作品を売ったお金で他の人の作品を買ってみたい」

今回はOpen Seaでの購入方法を画像ありで紹介していきます。
固定価格やオークションなど、販売方式もいくつかあるので合わせて解説していきます。

参考:NFTの始め方を分かりやすく完全解説!

目次

Open Seaで購入する方法

目星の作品を見つけましよう。

これはTwitterで探すのがオススメです。実際にクリエイターの方と交流しながら、欲しい作品を探しましょう。

Open Seaにも検索機能はありますが、今回は初心者向けの記事ですのでオススメしません(理由は後述)

今回、この記事で購入するのはこの商品。

作品ページの見方を解説していきます。

まずはそれぞれ色が違うイーサリアムのマークから。

固定価格での取引
オファーやオークションでの取引
polygon(ポリゴン)での取引

続いて、用語の説明です。

「Top Bid」

この作品に来ているオファーの最高値が表示されています。(固定価格で販売されている場合は、黒のイーサリアムで価格が表示されます。)

「Last」

黒のイーサリアムなので固定価格で購入されたものということを表しています。

それでは実際に購入していきます。

気に入ったアートを選択したら「Buy now」をクリック

「Show more」を選択すると、

  • Contract address
  • total volum
  • total idea

も追加で確認できます。

「I understand that OpenSea has not reviewed this collection and blockchain transaction are irreversible. 」にチェックを入れます。

「By checking this box,I agree to OpenSea’s of Service」にチェックを入れます。

メタマスクに購入に十分な金額のETH(イーサリアム)があれば「Confirm checkout」が青くなるので、クリック

「Unlock」を選択

「署名」をクリック

「Sign」をクリック

「署名」を選択

これで購入完了です。

お疲れ様でした。

Open Seaで購入する際の注意点

最後に注意点をいくつか。

  • 偽アカウント
  • 確定申告
  • 法的権利の認識の相違

偽アカウント

Open Seaの検索画面で検索すると、たくさんの偽アカウントが確認されています。

その見分け方は【NFT】OpenSeaで偽コレクションを通報する方法【やり方を画像ありで解説】にまとまっているので合わせてどうぞ。

あわせて読みたい
【NFT】OpenSeaで偽コレクションを通報する方法【やり方を画像ありで解説】 自分の作品がOpen Seaで勝手に出品されてる…運営にコレクションを早く削除してほしい… 今回はこのような悩みに答えていきます。 今回の内容 Open Seaの通報のやり方(PC...

確定申告

NFTの売買をする中で知らず知らずのうちに利益が発生する場合があります。

仮想通貨の世界では、「売り上げ金額一購入金額」で算出できる利益の他に、仮想通貨の取得額と売却時の時価の差額も利益としてカウントされます。
そのため、現金化していなくても売買をすることで確定申告が必要になる場合があります。

詳しい内容は【誰でも分かる】NFTにかかる税金は?確定申告って必要なの?にまとまっているのであわせてどうぞ。

あわせて読みたい
【誰でも分かる】NFTにかかる税金は?確定申告って必要なの? NFTの利益は『雑所得』
NFT売買で税金がかかるタイミング
NFTの税金や確定申告で控えておくべき項目

記事の最後に仮想通貨の取引の損益を自動で計算してくれる確定申告ツールも紹介しています。

法的権利の認識の相違

NFTでやり取りするのは作品の保有権であって、著作権まで譲渡しているわけではありません。

購入者はその点を今一度、よく理解する必要があります。

Open SeaでのNFT購入方法まとめ

  • Open Seaで購入するには仮想通貨が必要
  • 購入の際は記事を見ながら、手順をよく確認しよう
  • 偽物や税金、法関係の対応はこれから

最後にNFTを始めるのをまだ躊躇している方にメッセージです。

法整備が進んでいないということは、まだ未開の地、それだけチャンスが残っているということの裏返しです。

2021年11月の統計調査によると、日本人は先進国の中でNFTを知ってる人の割合が最下位で1%にも満たないとの報告もあります。

理由は簡単でこの記事を読んでくれたあなたのように情報を主体的に取りに行く人でさえ、まだ行動を起こさなくても大丈夫だと読むだけで満足してしまうからです。

「なんか怪しいかも」という世間の雰囲気に呑まれず、一歩を踏み出しましょう。

ちなみにNFTは以下の手順で始めることができます。

  1. 暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. Openseaでアカウントを作成する
  4. MetaMaskにコインを送金する
  5. NFTを売買する

詳しくはNFTの始め方を分かりやすく完全解説!で解説しているので興味のある方はこの機会にどうぞ。

>>トップページに戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コインチェック

コインチェックの「口座開設+現金入金」で1500円分のビットコインがもらえるキャンペーンが実施中!

ややこしい条件は一切なく、

①口座開設②本人確認③現金入金をこなすだけ!

コインチェックの口座開設は無料でできるので、実質”お金配りキャンペーン”です。

「いつかやってみよう」と考えている方は忘れないうちに口座開設だけでもしておくのがオススメです!

>>コインチェックで口座開設する

目次