テーマ移行中につき、表示の乱れている箇所があります。

P2Pとは【NFT用語集】

P2Pとは
目次

P2Pとは

P2Pとは?

「Peer to Peer」の略称

中央集権的なサーバーを介さず、端末同士でデータをやりとりする方式。

従来のインターネットはデータやサービスを提供する側と供給する側で役割が固定されたクライアントサーバー方式が一般的でしたが、ブロックチェーン技術によって端末間でデータの真正性が担保できるようになり、暗号資産(仮想通貨)やNFTなどでも採用されている。

P2Pの使用例

ICOが身近になり、どんな個人でも自分の通貨・ポイントを発行できるようになる。投融資はオープン化され、同時に予測市場のP2P化も進んでいく。日本円以外の通貨を保有し、使うことはアーリーアダプターの間では当たり前になる。ここからの未来は面白すぎる!

>>トップページに戻る

P2Pとは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる