仮想通貨を入手する方法 今すぐチェック

XCOPYとは?NFTプロジェクトの特徴や入手方法を解説!

こんにちは、NFTおたくです。

今回紹介するのは「XCOPY」というNFTプロジェクト。

日本語での情報がほとんどないため、公式サイトの情報を元に、どのようなプロジェクトなのかを簡単にまとめてみました。

NFTおたく

細かい説明とかは良いから「すぐにXCOPYの買い方を知りたい!」って人は下のボタンから飛べます!

目次

XCOPYとは

XCOPYはイギリスのロンドンを拠点とするクリプトアーティスト。

NFTマーケットプレイスSuperRareとNifty Gatewayの直後にスタートしたXCopyは、複数のNFTコレクションを制作し、そのすべてが例外的な成功を収めています。
彼の作品の価値は、なんと17,000Ether、つまり5,300万ドルにも上ると推定されています。

最も人気のあるコレクション「XCopy」は、現在OpenSeaで約6.4Etherのフロアプライスとなっており、最も有名な売却先はラッパーのSnoop Dogg、「Right Click and Save as Guy」で約700万ドルでした。

XCOPY
Right Click and Save as Guy

XCOPYは、クリプトアートの領域を掘り下げた初期のアーティストの1人で、その主な理由は「自分のデジタルアート作品を本当の形で販売する最初で唯一の方法」だったからと言われています。

NFTの初期導入者は、個人情報をほとんど明かしませんが、彼らの作品はどのアーティストよりも売れ行きが好調です。
静的な飽和状態のグラフィックは、死やディストピアをテーマにして点滅します。てんかん患者は近づかないほうがいい

XCOPYの特徴

  • 正体不明のアーティスト
  • 作品は一点ものが多い
  • パブリックドメイン

正体不明のアーティスト

作品は一点ものが多い

パブリックドメイン

XCOPYは2022年8月1日、自身のTwitterで自分の作品(コラボ除く)の著作権を放棄し、CC0(パブリックドメイン)にすることを発表しました。

これは商用利用を含むあらゆる創作活動に用いてよいことを意味します。

Minted one years ago today…

Let’s celebrate by releasing Sunshine into the public domain 

We haven’t really seen a CC0 summer yet, but I believe it’s coming…

… so I’m going to go ‘all in’ and apply CC0 all my existing art

引用:XCOPYのツイート

また、後日、ツイートでCC0にした理由としてCryptopunksのIPをLarveLabが売却したことが大きな後押しになったと明かしています。

XCOPYに関するよくある質問

XCOPYとは?

XCOPYはイギリスのロンドンを拠点とするクリプトアーティスト。

XCOPY参考リンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コインチェック

コインチェックの「口座開設+現金入金」で1500円分のビットコインがもらえるキャンペーンが実施中!

ややこしい条件は一切なく、

①口座開設②本人確認③現金入金をこなすだけ!

コインチェックの口座開設は無料でできるので、実質”お金配りキャンペーン”です。

「いつかやってみよう」と考えている方は忘れないうちに口座開設だけでもしておくのがオススメです!

>>コインチェックで口座開設する

目次